何がかわったでしょうか?

【準備するもの】

変身する道具

【ディレクション】

  1. ルール説明 「今から一曲歌う間、私をよく見てください。その後、私は一度外に出て、戻ってくる時に、ホワイトボードに数字を書きます。その数だけ、私の何かが変わっています。もう一度歌を歌いながら、何が変わったかを見つけてください。きれいな声で最後までしっかり歌ったら、変身してきます。」
  2. 「私をよく見ながら、(曲名、何でも練習中の曲)を歌います。」と伝える(子供たちが待っている間、子供たちの好きな歌を歌うよう別の指導者に指揮をお願いしてもよい。)
  3. 一度廊下にでて、何か変えて戻ってくる。ホワイトボードに数字を書く
  4. 「ではもう一度、歌います。」といって歌い始める
  5. 歌が終わったら、「何がかわったでしょうか?」と問い、手を挙げて答えてもらう。
  6. 2~4を繰り返す。

【変身例】

・明るい口紅

・一本の歯にのりをつけて、最後の最後ににっと笑う(笑うまでは何も変わったところがないように見えるように)

・靴を左右履き替える

・時計やブレスレットを反対の手につける

・ホットカーラーを髪の毛につける

・スーパーマン風にケープを付ける(明らかにすぐにわかるが、子供たちが喜ぶ)

・イヤリングを変える

・紙クリップを髪の毛につける

・短めのスカートから長いスカートに履き替える

・眼鏡をかける

・前髪の分け目を変える

・マニキュアをぬる

・ストッキングをぬぐ

・バンドエードを付ける

・ベルトを着ける

・結婚指輪をはずす

・一番最後には、全く別の兄弟が今まで変身していた姉妹のネックレス、イヤリング、マニキュア、ヘアアクセサリー、などを付けて入ってくる(子供たちは大うけ)

Write a Comment

view all comments

Your e-mail address will not be published. Also other data will not be shared with third person. Required fields marked as *