子供の注意を引くアイディア

生徒が教師に注目する方法をまとめました。

大きな声で叫ばずとも、敬虔な雰囲気を作り始めるきっかけを作ることができます☺

【年齢問わず】

・小声で話し始める「私は今なんといっているでしょうか?聞こえた人は手を挙げてください。」と言って何か一文を空気が漏れるくらいの声で話す。例えば「私は朝○○を食べました。」(など何でもよい)手を挙げた生徒をあて答えてもらう。

・小声で「今から私の真似をしてください」と言ってから頭に手をおく。真似をする生徒が次第に増えて来たら少し難しそうなことやおかしいことをする(例えば、左手で右の耳をつかむ、ひじを舐めるふりなど)

・腕を頭の上にのばし、両手で大きく広げた後リズムよく手をたたき子供たちにも一緒にするよう促す。少しずつ早くし生徒が手をたたきはじめリズムにのったころ手を止める。これを繰り返し、最後は手を膝におく

・無言でホワイトボードに絵を描き始める。無言で何かわかった人は手を挙げるよう伝える。手を挙げた人を当てて答えてもらう(絵が上手でも下手でも楽しめるため次第に生徒たちが注意を払い始める)

【小さい子向け】

・「♪私のするとおり」を早く、遅く、スピードを変えてする終わったら姿勢正しく手は膝におく真似をさせる

・小さい声で先生の真似をするよう伝える。右手で唇の右端をつかみ、子供たちが真似をしたら左手で左唇の端をつかむ。「グワグワグワグワ」とアヒルの真似をする。声を出すのをやめ片手ずつ膝におくまで真似してもらう

 

 

Write a Comment

view all comments

Your e-mail address will not be published. Also other data will not be shared with third person. Required fields marked as *