安息日を聖なる日とする 

【準備するもの】

・チョコバナナサンデーの写真

・バニラアイスクリーム

・アイスクリームにのせるとおいしいトッピング(例:チョコレートシロップ、バナナ、コーンフレーク、ホイップクリーム)

・その他のトッピング(例:マヨネーズ、ケチャップ、マスタード等)

・安息日に家庭において自らを高める4つの活動原則を書いた紙や写真(福音を学び,イエス・キリストへの信仰を強め,家族関係を築き,奉仕をする)

この紙をアイスにのせて美味しいトッピングの各々にはりつけておく

(LDS公式サイト 安息日よりhttps://www.lds.org/topics/sabbath?lang=jpn&old=true

・日曜日にすべきではないこと(買い物、レクリエーション、スポーツ行事)を書いた紙

この紙をその他のトッピングの各々にはりつけておく

若人の強さのために P30 安息日より

http://www.ldschurch.jp/acp/bc/cp/Japan/gospel-library/manuals/youth/09403_300_no%20trim_3.pdf

【進め方】

1チョコレートバナナサンデーの写真を見せ、紹介する

時間を計り、一人ずつその写真に「サンデー」といいながらタッチさせ、隣の子に回し、最後の子供まで回ったら何秒かかったか伝える

2「日曜日を英語でなんというでしょうか?」手を挙げて答えてもらう

3「サンデーを皆で作りながら、サンデー(日曜日)の過ごし方について学びましょう」

4聖典出エジプト記20章8-11から安息日について学ぶにあたり子供に読ませたい箇所にあらかじめ色をつけておく。

サンデーで時間を計り全員がタッチして写真を回した要領で、聖典を開いた状態で子供たちにタッチさせながら、最後の子供までまわす。時間を伝える。最後の子供が色のついた箇所を読む

(短時間の間に子供たち全員が聖典に触れ、聖典を読むにあたり、より集中して全員が聖句に耳を傾けやすくなるための工夫の一つです)

5これからチョコレートバナナサンデーを一人分だけ作ることを伝える

(このとき、プライマリーの子供たちに祈りの気持ちで、今日作ったサンデーを誰に渡すべきか、心に浮かんだ人を手を挙げて答えてもらい、誰に渡すか一人に絞る。クラス後にその選んだ人に届けに行く)

6バニラアイスを二つのお皿に分けてのせる。

「バニラアイスはこのままでもおいしいかな?何もしないでサンデーに寝ているだけ、体を休めているだけでも、悪くはないよね?でもこのサンデーをもっとおいしくすることもできるね。サンデーをもっと主に喜ばれる日にするにはどういうことができるか考えながらおいしいサンデーをつくりましょう」

7トッピングの材料ひとつひとつにひもをくくりつけたものをトレーにまとめておき、くくりつけた紐をひとまとめにして、くじをひくように、子供一人にひもを引いてもらう。

8ひいたトッピングに書かれているものについて皆に紹介し、それが、安息日に行うとより主に近づけるものか(サンデーがよりおいしくなるか)、それともそれ自体は悪いことではないが、安息日以外の日にした方がよいものか(サンデーにのせないほうがサンデーを美味しく食べられるもの)か尋ねる

ひとつは美味しい”チョコバナナサンデー”、ひとつはまずそうな”サンデー”をつくる

9安息日にしてはいけないことが何かを考えて行わないようにするよりも、どうしたらもっと主に喜ばれる安息日にできるかを考え行動するときにより主に近づける、安息日を喜びの日とできるということを証する

2015年4月 ラッセル・M・ネルソン安息日は喜びの日よりhttps://www.lds.org/general-conference/2015/04/the-sabbath-is-a-delight?lang=jpn

 

Write a Comment

view all comments

Your e-mail address will not be published. Also other data will not be shared with third person. Required fields marked as *